FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ケケケケケ、ケーキ!
この夏にマイカーを買い替えました。
今月の仙台ナンバー発行まで待とうかとも思ったのですが
やはり新車の魅力には勝てず(すぐに欲しくなる)
購入してしまいました。
で、先月になってディーラーのほうから購入に関するアンケートが来ました。
しかもアンケートへのお礼として500円分の図書カードまで同封されていました。
たとえ500円でも単純に嬉しく、ホイホイとアンケートを記入し返送しました。
するとどうでしょう!今度はアンケートにお答え下さったお客様の中から抽選に当たりましたと
ケーキが送られてきたのです!
も、ビックリ。
今まで本当にクジ運が悪く、宝くじでも最高が3000円という世界の私ですので
このケーキには身が震えるほど感激しました。
クール便で冷凍の状態で届けられたケーキ、宅配便屋さんから受け取った時は
「何だろう?誰からだろう?」なんて不審に思い眉間にシワが寄りっぱなしだったのに
同封されていたお知らせを読んだ途端にケーキを頭上にかざし喜びの舞を踊った次第です。
早速、可能な限りの友人知人に自慢しまくりました。

でもこれで今後の人生の運はすべて使い切ってしまった気がして
今では夜もなかなか寝つかれません。
人生の喜びはもう来ないのかと思うと・・・。
ケーキ

【2006/10/12 13:51】 | 未分類 | コメント(2) | page top↑
ご無沙汰しております
暑かった夏が終わり、いよいよ秋らしくなってまいりました。
皆さまいかがお過ごしでしょうか。
ずいぶんと間があいてしまいましたが、今月からブログのほうも再開
致したいと思います。
前回までの日記に対しコメント下さった皆様方、本当にありがとうございました。
お礼が遅くなりましたこと心よりお詫び申し上げす。
これからもマイペースではあるとは思いますが、おつきあい頂けましたら幸いです。

###################################################

私のような下賤な女があの御方の話題に触れて
よいものかどうか甚だ疑問ではあるのですが、
このたびの親王殿下様誕生に大変感激致しました。
今までももちろん姫君様方の可憐さと美しさ、そして
神々しいまでのお姿をテレビ等で拝見しては喜んでおりました。
が、やはり親王殿下様には姫君様方とはまた異なった萌え心を
抱かずにはいられません。
自分の国に年若いプリンスがいらっしゃるというこの感動・・・。
悠仁様の凛々しくご成長なさったお姿を一目見るまで長生きするぜ!と
強く拳を握った平成18年の秋でございます。


本日の画像はもう何年もまえに某テーマパークの工作コーナーにおいて
自分で色塗りをしたマトリョーシカです。
左の大きいほうのモデルはモニカ・ルウィンスキー嬢のつもりですが
いかがでしょうか。
マトリョーシカ

【2006/09/16 03:26】 | 未分類 | コメント(6) | page top↑
執着心
私はお気に入りの物に対しては恥ずかしいほどの執着心を抱きます。
例えばボールペンやシャープペンなども使い心地が気に入ればいつでもどこでも
何年でも使います。高価な物とは限りません。大のお気に入りのボールペンとシャープペンは某携帯電話会社のキャンペーンで頂いた粗品。これが手に見事フィット。書き心地も抜群で、サイト用に描く乳首やチンコとかあにゃるなどの絵も今ではこのシャープペンでなくては描けません。以前このシャープペンをなくしてしまった時などはサイトの更新も止まってしまいました。パソコンデスクも通販で買った1万ちょいのものですが、これも一部破損しつつも未だに使い続けています。
衣類に関しても執着は続きます。
かなり以前にサイト内のPBBSで描いたのですが、長年部屋着として愛用してきた
スウェットのパンツ、ボロボロで至る所がすり切れて穴があいていました。
それをいい年した女が喜んではき続けていたのですが・・・年末年始に帰省した際に親にみつかり取り上げられ、とうとう捨てられました。
そんな私が親からどうしても守りたいのが一枚のバスタオルです。
ボロボロです。穴空いてます。でもふき心地は最高です。
学生時代から何度も引っ越しましたが、いろんなベランダでこのバスタオルは
風に揺られ続けてきました。
若かった私の歴史を全て見てきたといっても過言ではありません。
私はこの年になってもしばしば親が生活の様子を監視しにきます。
「悪い人にだまされていやしないか」とか、「借金でもしちゃいないだろうか」という
心配からではないと親はいいます。
「いい年した娘がみすぼらしい身なりをしているのが心配」なんだそうです。
私が大切にしているこのぼろバスタオル、以前これを目にした母は雑巾にリメイクしたくて仕方がないような様子でした。人それぞれ価値観が違いますが、私のお金の使うポイントがとても気に入らないといいます。ゲームや漫画、DVDに月数万使う私に、「なぜそこでバスタオル一枚を買おうという気が起こらないのか!?」と真剣に議論に突入しそうになりました。
高校時代、エロい絵を描いたまま机でうたた寝してしまった私、目覚めたら絵が裏返しになっていました。洗濯物を持って部屋に来た母が我が子の所業を見るにみかねひっくり返したのでしょう。
今では私そのものをひっくり返してしまいたいと思っていることでしょう。

本日の画像は愛するぼろぼろバスタオル。
まるで陵辱でもされたかのような切なげなバスタオルです。
バスタオル

【2006/07/08 14:46】 | 未分類 | コメント(7) | page top↑
コメントありがとうございました
>殿下 さま
こんばんは、殿下さん。
うわ~、殿下さんもサボテンを枯らせたんですね。
私も経験アリです。しかもプレゼントで頂いた物だったので
ものすごいショックでした。そのサボテンを私にくれた人がある日遊びにきて
私の後ろに枯れたサボテンを発見した時の「ハッ!?」とした顏が
今でも忘れられません。
お互いつらい身の上ですね。負けずに強く生きて参りましょう。

>山野林吾 さま
こんばんは、山野さん。
『緑の手」の反対は「炎の手」というんですか!うひょ~、知りませんでした。
「死の手(デスハンド)」は私が勝手に作った言葉なのです。
そうか、「炎の手」というのが正しいんですね。
・・・って、思わず喜んでしまいましたが、いずれにしろ物騒な手には違いありません。
あ、でも山野さんはご子息も御猫様もスクスクとお育ちになっていらっしゃるのですから
堂々「緑の手」を名乗ってもよいのではないでしょうか。
命を育むことができるのはなによりも素晴らしいと尊敬してしまいます。
植物についてはこれからも胸をはって「かっこうだ!夜露死苦!」と
ご近所の皆さまに甘えてしまいましょう。

>U.K.A さま
こんばんは、U.K.Aさん。
「腐の手」には笑ってしまいました。最初は「え?腐女子の手?」と思い、
ジッと我が手を見つめておりました。
そうか、腐らせちゃうんですね。なかなかダイナミック!
これからはU.K.Aさんの「腐の手」が活躍するのに適した季節かもしれません。
あ、でも私たちがもし一緒に住むことになったら「死霊の館」のいっちょあがりですね。
腐って枯れて大忙しです。
「不死鳥」は今日も元気です。・・・とは言いつつ、若干、葉の色が薄いようで
実は不安でドキドキです。

>べにお さま
こんばんは、べにおさん。
心強いコメントをありがとうございました。
べにおさんは植物にお詳しそうでとても羨ましいです。
「ピッタリとした相性にめぐり合えパキラも幸せ」なんてお言葉に
小躍りして喜んでいます。そうか、相性というものがあるんですね。
しかも「不死鳥」が大きくなる種の植物だと教えて頂いて
もう舞い上がってます。部屋をジャングルにするのも可能なのでしょうか。
それと「編んでいかなければならない」というのは一体・・・!
後ほど調べてみますが、「不死鳥」の体に編むことができるパーツがあるのかと
思うとこれまたワクワクしてきました。
べにおさんのおかげでますます「不死鳥」に愛着を持ちました。ありがとうございます。


【2006/07/03 22:58】 | 未分類 | コメント(4) | page top↑
死の手~デスハンド~
世の中には「緑の手」といって植物を上手に育てることができる人がいます。
私の母がまさにそれで、私が枯らしてしまった鉢は当たり前のように再生させるし、
植物によっては越冬させ次の春にもまた咲かせます。
家の中の観葉植物はいつも青々とし、庭には花が咲き乱れています。
母のこの「緑の手」パワーは植物にとどまりません。
縁日でつかまえた金魚なども数年育てるうちに「鯉?」と思うほどデカくなってたり
元気のなくなったカブトムシも母に預けた途端元気に・・・。

そして娘の私は「死の手」を持っています。
デスハンドです。(←勝手に作りました。)
とにかく枯らす枯らす。
先日も花屋さんの店先で活き活きと咲いていたミニバラの鉢を購入。
あまりの可愛らしさに部屋に帰ってからもウットリと眺めていました。
翌日の夕方、もう枯れていました・・・・。
たくさんの小さなバラ達が茶色くなってカラカラでした。
数年前も「これは滅多に水をあげなくていい植物なんです。これは枯れませんから。」とお店の人に言われ購入した大きな観葉植物15,000円也。
ひと月で枯れました。
水も忘れずあげていますし、栄養剤みたいな物をあげることも。
それなのにあっと言う間に私の周囲で植物たちは茶色く変色しカラカラになるのです。
誰よりも緑に憧れるのに、誰よりも枯らしてしまう・・・。
そしてこのデスハンド、やはり他の生き物にも通用するようです。
一人暮らしが長くてもゴキブリが出たことは一度もありません。
他の部屋のベランダがハトの被害にあっていても私の部屋にはハトは
寄り付きもしません。
実家の犬にはいまだに吠えられます。
チビッコがなつきません。

そんな私にたったひとつ奇跡の植物が現れました。
数カ月前、買ってきて三日目くらいから葉が枯れ始め一週間でハラリと落葉。
「まだダメだった・・・」としょんぼりとベランダに出しておきました。
ところが数ヶ月後、驚いたことに新しい芽が出てきました。
完全に枯れたと思ってもうずっと水やりもしていなかったのですが
新しい芽が出てきました。

「不死鳥・・・!」


私はその鉢に『不死鳥』と名付け、今度こそ長持ちさせるぞと
自分で自分に喝をいれました。
VIP待遇の鉢です。
本日の画像はその「VIPな不死鳥」です。
不死鳥

【2006/07/01 16:31】 | 未分類 | コメント(4) | page top↑
大人のぬりえ
少し前からハマッてます。
書店などでは特設コーナーを設けている所も多いですね。
花の絵とか、可愛いワンコの絵とかいろいろ種類はありますが
なんといっても『きいちのぬりえ』です。
身もだえしてしまうほど懐かしいこの絵柄にホロリときます。

きいちの絵の特徴として、少女の絵がまるっきり少女に見えないという
ところでしょうか。
ぽってりした丸顔にムッチムチのボディ。
「パーマネント」としか表現しようがないウェーブヘア。
きいちの描く少女を見るたびに私が思い出してしまうのは
70年代の『女囚さそり』シリーズでおなじみの下町の売春婦たちです。
明るくはすっぱなコールガールも多いのですが
何か重い運命を背負ったような、暗く無口な売春婦もまれにいます。
そのアンニュイな空気をまとった売春婦ときいちの描く少女たちが
私の中ではいつもシンクロするのです。

そして絵にはそれぞれ「コメント」が付いています。
このコメントがものすごくツボで困ってしまいます。
フワフワの帽子をかぶった少女の絵には「あたたかそうね」。
枕元にくつ下を置いた少女の絵には「うちへもさんたくろーすくるかな」。
ショールを羽織った少女の絵には「しょーるをかけて」。
などなど。
素朴ながらも「きいちってば、絶対狙ってる!」と疑わずにはいられません。
皆さま、きいちをどうぞよろしくお願いします。

本日の画像は私が塗ったきいちの一枚です。
エロエロでムチムチです。
きいち

【2006/06/13 16:06】 | 未分類 | コメント(5) | page top↑
スイカが甘くなってきた。ドキドキ
いよいよ6月ですね。
今日は早朝からすでにビックリするような日差しで、
その暑さにもうくじけそうでした。
ただスイカは日々甘くなってきてますね。
「食べごろ」とか「旬」をまっさきに感じたいので
ほぼ毎日スイカを買って食べてます。
少しづつ少しづつ甘さが強くなってきてるような気がして
ワクワクするやらお尻がムズムズするやらで落ち着かない毎日です。
最近読んだ週間文春でヨネスケが「嫌いな食べ物はスイカ」と語っていて
何度もその行を読んでしまいました。
へ~、嫌いな人がいるのか!と。
この時、不思議とホッとしている自分に気づきました。
「ライバルが減った」と思いました。
ヨネスケ一人がスイカを買わないことで私にどう影響があるのか
まったく検討もつきませんが、とりあえず彼が買わないぶん
なんだか私の取り分が増えたような気がして嬉しかったのです。
スイカ

【2006/06/01 22:52】 | 未分類 | コメント(5) | page top↑
交尾
私は動物や昆虫の交尾を見るのが大好きです。
おそらく「交尾」だけを収めたDVDなんてのを持っていれば
間違いなく一日中でも見続けることが出来ると思います。
機会は非常に少ないのですが、ネイチャー系のテレビ番組で
思いもかけず交尾シーンなどを目にした時などは、あまりの興奮にしばらくは
口もきけないほどです。
今でも脳裏に焼き付いているのがライオンの交尾でしょうか。
絶倫という言葉では片付かないようなあの長丁場の交尾・・・。
後ろから攻められ続け、切なげにゆがむ(←私にはそう見えました)メスの顏。
大変けっこうな絵ヅラでございました。

そんな私ですが、いつだって交尾のことばかり考えて動物を見ているわけでは
ありません。
ペットショップを覗くのも好きです。
年末になれば可愛い動物のカレンダーを物色したりもします。
書店では犬や猫の専門雑誌を手に取ってみることもあります。
ネットでも可愛いワンちゃんや猫ちゃんの画像を見たりもします。
先日、URLに「zoo party」という文字があるサイトを発見。
「まぁ!zoo partyなんて可愛いこと」と思い、早速飛んでみれば
そこは海外の獣姦サイトでした・・・・。
ものすごいzooのpartyの様子にぽっか~~んでした。
外人はとにかくやることなすことダイナミックで、
相手が馬だろうが犬だろうがブタだろうが、
出されたザーメンをガンガン飲んでしまうので「この女の子、腹壊さんやろか」と
心配になってしまいました。
見る者を不安にさせるzoo party・・・。
人間の性欲の限界のなさに乾杯です。

本日の画像は私のバイブルであるカブトムシの本の中の1ページです。
世界のカブトムシがカラー写真で紹介され、飼い方も大変親切に説明されています。
特にこの交尾の挿し絵がほのぼのしててお気に入りなのです。
カブトムシ

【2006/05/26 23:48】 | 未分類 | コメント(6) | page top↑
次世代ゲーム機
皆さまはどちらを購入予定でしょうか。
いまのところPS3は11/17発売予定、Wii(ウィー)のほうは未定ということですがPS3
より前にもってくるであろうということです。
Wiiといえば開発中は「レボリューション」という仮称でおなじみだったので
正式名称がWiiとなったときはちょっと意外でしたね。
「ウィー?なんでウィー?もーいいじゃんレボリューションで」と思った方、いらっしゃいませんか。私は思いました。
しかし「ゼルダの伝説」新バージョンを発売すると発表されたとき
「私はきっと釣られる!」と実感しました。
ここでゼルダを持ってくるとはなんという策士。
第一弾は1980年代という私のような世代にはたまらないシリーズなのです。

PS3のほうは20GBのほうで税込価格62,790円、
60GBのほうはオープン価格というなんとも恐ろしい設定。
6万超えのこの次世代ゲーム機、チビッコのみなさんはどうしたらよいのでしょうか。
ちょっとよくわからないのですが、親におねだりして買ってもらえる範囲なのでしょうか、これって。それとも今の子はお年玉も高額らしいですし「蓄えならあるぜ!」とか
言っちゃって自分で買うのでしょうかね。
ああ、大人でよかった・・・とつくづく思いました。
今年の秋以降は忙しくなるわ!と一人でウキウキしております。

さて、本日の画像は2002年にXboxが発売された時に予約特典として
ついてきたキーホルダー。シリアルナンバーが刻字されており
私のは02079/50000です。なんの面白味も感動もない数字に当時は「あ~そ~ですか」と思ったものです。裏にはビルゲイツのサイン入り。このキーホルダーは何年も使っていなかったバッグの中から先日発掘されました。なんという扱い。
Xboxのソフトで面白かったのは「ジェットセットラジオフューチャー」の一作のみという悲しい思い出と予約までして買った自分のアホさの象徴がこのキーホルダーなのです。
Xbox

【2006/05/18 02:49】 | 未分類 | コメント(3) | page top↑
拘置所のメニューってどんなものでしょうか
ホリエモンが釈放された時、あまりの痩せっぷりに
私はジェラシーを感じずにはいられませんでした。
「・・・クソッ!拘置所め。なんという粋な計らいを!」と
ギリギリと歯がみしたものです。
報道では8キロ痩せたとのことでしたが、本日公にされた話によると
8キロどころかその倍近く痩せていたそうではないですか。
15~16キロでしょうか。
その話に私は妙に納得したものです。
確かに8キロというのは大きいですが、もともと肥満っぽかった彼が
8キロごときであそこまで人相が変わるものなのかと。
保釈金3億をポンと納入してしまったことによる彼の個人資産への興味もありましたが
彼の痩せっぷりにジェラシーの炎を燃やすあたり私もまだまだ女なのでしょうか。

さて、本日の画像は私の秘蔵の酒です。
「いつ飲もう」とクヨクヨしたままいまだ開封しておりません。
ロマネなどの超高級ワインではなく「大奥」と「スイカワイン」を秘蔵だ!と言い張る
あたりもうどうにでもしてって感じです。
「大奥」はまさにTVドラマ「大奥」にちなんだもので、フジテレビと醸造元のコラボレーションで誕生した品です。
「スイカワイン」はネットで購入したのですが、もったいなくて飲めないままです。
今月は自分の誕生日なので、その時に開けてみようかしらんと思っております。酒

【2006/05/10 22:58】 | 未分類 | コメント(4) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。